日商簿記2級新試験対応テキストの選び方

日商簿記2級 テキスト,簿記2級 テキスト

試験のテキストを選ぶとき、どこをチェックしていますか?
「級」は必ずチェックしていると思います。
そのほか、価格や出版社(の合格実績)、デザインなどもチェック対象ですよね。

しかし、2016年からはそのほかにもう1つ、重要なチェック項目が加わります。
それが、「2016年試験対応」かどうか、です。

<2級をとるなら2016年中がおすすめです>でもお伝えしたように、2016年から2級試験は大きな試験範囲の変更があります。 だから、2015年までのテキストでは太刀打ちできません。テキストを選ぶときには、必ず2016年試験対応かどうかをチェックしましょう。

簿記試験は年に3回、毎年行われているので、中古テキストも豊富に出回っています。
そんな中古テキストをあてにしている受験生も多いと思いますが、これからは中古テキストで勉強するのは大変危険です
中古テキストのほとんどが2015年以前のテキストだからです。

試験範囲が大きく違うので、うっかり2015年以前のテキストを使わないよう、注意しないと本試験で泣きを見ることになります。

通信講座などを選ぶ時も、きちんと2016年6月以降の試験対応かどうかを確認して選びましょう。
大手の資格予備校だと、前年分の教材をディスカウントして販売していたりしますが、うっかり手を出さないようにしてくださいね。

(↓これくらいはっきり書いてあるとわかりやすいですね)
http://www.foresight.jp/boki/price/?afid=1183

教材を選ぶときは、まず第1に2016年対応かどうかをチェックし、そのあとで自分のこだわりポイントをチェックするようにしましょう。


>>簿記の最短合格を可能にする勉強法なら!