日商簿記2級をとるなら2016年中がおすすめ

日商簿記2級 試験範囲,簿記2級 試験範囲

2016年6月から簿記試験の試験範囲が大きく変わっています
簿記はもともと会社や個人事業主の経理で使える、即戦力的な知識が学べる試験ですが、最近では試験内容と実務が離れてきてしまっているということもあり、より実務に直結した知識を学べる試験へと試験内容が変わりました。

そのなかでも、最も変更の影響が大きいのが2級と言われていて、次の表のように、大幅な変更があります。

 

削除・スライドされる範囲

*2016年から適用

<削除>

  • ・仕訳帳の分割
  • ・為替手形
  • ・手形裏書時・割引時の偶発債務(評価勘定法・対照勘定法)の処理
  • ・大陸式決算法
  • ・本支店会計の未達事項・内部利益の処理

<3級にスライド>
  • ・伝票の集計

<1級にスライド>
  • ・保証債務の処理
  • ・特殊商品売買の処理
  • ・繰延資産の処理
  • ・社債の処理


 

追加される範囲

*2016年から追加
*2017年以降の追加は、<【試験内容変更】2017年以降はここが変わる!>で。

<新規>

  • ・補助簿 記帳内容の集計・ 把握
  • ・クレジット売掛金
  • ・引当金(個別評価と一括評価、営業債権および営業外債権に対する貸倒引当金繰入額の損益計算における区分)
  • ・引当金(賞与引当金、返品調整引当金など
  • ・商品(月時による処理)
  • ・商品 販売のつど売上原価勘定に振り替える方法による売買取引の処理
  • ・固定資産 有形固定資産の割賦購入
  • ・ファイナンスリース・リース取引の借手側の処理(利子込み法、利子抜き法)
  • ・オペレーティング・リース取引の借手側の処理
  • ・収益・費用の認識基準、役務収益・役務費用、設立費・開業費
  • ・決算 月次決算による場合の処理
  • ・その他有価証券評価差額金
  • ・株主資本変動計算書
  • ・利益剰余金の配当など 株主資本の計数の変動
  • ・本支店会計 本支店会計の意義

<1級からスライド>
  • ・電子記録債権・債務
  • ・子会社株式、関連会社株式
  • ・決算 その他有価証券の評価法(全部純資産直入法)
  • ・未実現損益の消去(棚卸資産及び土地に係るものに限る)

<3級からスライド>
  • ・有価証券 評価替(時価法)



「こんなに変わるならもっと早く受験しておけばよかった・・・」と、多くの受験生が後悔していると思います。しかし、変わってしまったからにはやるしかありません。

そして、2級をとるなら2016年中の受験がおすすめです。
なぜなら、2017年以降も変更が入ってきて、なおかつ難易度の高い変更になるからです。
そのため、2017年以降は一気に変更対応の受験勉強をするだけでなく、難易度も上がってしまいます。だからこそ、2016年中に合格してしまうのがおすすめなのです。

では、2017年以降はどんな変更が入ってくるのでしょうか。次で見てみましょう。

>>簿記の最短合格を可能にする勉強法なら!