こうやって教えてもらおう

日商簿記2級, 勉強法

日商簿記2級を「受けたい、でもあまり長く時間はかけられない」人向きの勉強法は、
なんといっても通信教育
を利用する方法でしょうね。
通信という勉強法は、日商簿記2級を勉強したことが全然ない人に特に向いているので
いいことだらけ(は、さすがにいいすぎですが)と表現できるほどです。
早速説明に移りましょう。

1 日商簿記2級に理解の深い先生に頼れる
簿記の学校と同じように、通信教育でもちゃんと先生は厳密なセレクションをして
選ばれているのが普通です。若い先生にあたることもありますけど、
その場合だったら受験者の気持ちをよく理解しながら教えてくれます


2 DVDのような教材が出ていたりWebを通した動画の配信で教えてくれたりすることが多い
通信教育といったら、先生と直接接触する機会がないと思うかもしれません。
でも(通学するときと同じ要領で)映像を教材に使っている通信教育だったら、
先生の顔や黒板を見て、先生の生の声で日商簿記2級の解説を聞きながらの勉強法になります


3 勉強時間に限っては、独学のときとまったく変わらない
通学を選んだ人たちは、どうしても講義スケジュールに合わせて予定を組まないといけません。
数ヶ月の間、時間をつくって通学を続けるのは、やってみると
予想よりもだいぶたいへん
な思いをするものなんですね。
でも通信で日商簿記2級を受けるんだったら、勉強時間の自由度は独学を勉強法にするときと
変わらない
ですね。空いた時間全部が勉強時間ですし、どこかに足を運ぶこともありません。

4 コストが、通学よりも安くなるチャンスがある
全部の通信教育が安くなるということはないんですけど、
通学するときよりも授業料が何割か安くなるチャンスがあります。
まあ数万円くらいの違いかもしれませんけど、でも同じレベルの学習効果があるのだったら
安いほうがいいでしょう。
それに、独学だって教科書や問題集を揃えると数万円はどうしてもかかりますけど、
「安いのにハイレベルの通信教育」だったら、独学するときと
ちょっとしかコストが変わらないことだってあります
から、
コスト面でも最高の日商簿記2級勉強法になります。

日商簿記2級の勉強を、ちゃんとした先生に習いながらしようと思うと
お金もかかれば通学の手間暇もかかります。
でもそれをなるべくならしたくない人にとって、通信教育
(どれでもいいわけじゃありませんけど)は、勉強の効果もちゃんとあって、
しかもお金も通学するときよりは安いし、
好きな時間に勉強できて、得をすることが多い
んですよ。

日商簿記2級の勉強法の中で今断トツに抜きん出ている通信、
ではその通信の中で今抜きん出ているのはどこなのか知るために次のページで行ってください。

>>簿記の最短合格を可能にする勉強法なら!