日商簿記2級の難易度・合格率

日商簿記2級, 難易度

日商簿記2級の難易度の秘密を知って、そこからはっきりする勉強の目標がわかると
(これから説明しますけど)きっと自分の勉強に急にエンジンがかかって前向きになれる
はずだと思います。

それでは、日商簿記2級の難易度をはっきりと教えてほしい人もいると思うので、ここで
日商簿記2級の合格率を引用したいと思います。

 

受験者数

合格者数

合格率

第131回

48,341人

14,834人

30.7%

第132回

61,796人

14,149人

22.9%

第133回

57,898人

27,538人

47.6%

第134回

42,703人

5,920人

13.9%

第135回

60,377人

13,601人

22.5%

第136回

55,960人

23,254人

41.6%

第137回

40,330人

13,958人

34.6%

第138回

54,188人

14,318人

26.4%

第139回

55,225人

12,054人

21.8%

第140回

47,480人

16,395人

34.5%

日商簿記2級の難易度を、過去10回分だけ取り出して表に入れました。
日商簿記2級の難易度というか合格率は、けっこう上がったり下がったりしていますよね。
低いときだとなんと日商簿記2級の合格率は10%ちょっとしかありませんでした。
でもその前の回は、40%くらいになったりします。

合格率だけで考えると日商簿記2級の難易度は、毎回変わるからあまりあてにはなりません。
それでも、各回の平均的な合格率を計算すると、だいたい30%くらいになるそうです。
3人受けたら2人は落ちると思っておいたほうがいいでしょう。

3人に1人しか受からない、この事実をどう受け止めるかは人それぞれなんです。
でも日商簿記2級の難易度はそんなにきついとは思わなくていいんじゃないでしょうか?
よく勉強していない人がけっこう受けていることは間違いなさそうですし
(時間がないとかの理由で、「当たって砕けろ」みたいな覚悟で
受けに来る人たちは毎回、必ずいっぱいいるでしょうね)、
これで2人に1人が受かるような難易度に、日商簿記2級の試験が変わってしまったら
この資格の御利益も薄れてしまう恐れがありますよね。
(私が他のページで勉強法のコツも教えていますけど)間違いのない勉強法をとったら受かる、
それができなかった人たちが落ちる、という今のような難易度が、日商簿記2級には
ちょうどいい
んじゃないでしょうか。

それに、日商簿記2級の試験は、合格点が決まっています。
毎回、100点中70点取れば受かります
合格率がよく変わるのは、「上位何人までが合格」なんて制度をとってないからでもあるんです。
とにかく70点取ることを意識して、
合格率や難易度のことに気を取られないようにすれば日商簿記2級は受かる
と思ってください。

>>簿記の最短合格を可能にする勉強法なら!