日商簿記2級の難易度を感じずに受かる方法アリ

日商簿記2級, 難易度

日商簿記2級は、いくつもある簿記試験の中でも有数のおススメ資格です。
その日商簿記2級に受かりたいなら、難易度に負けない工夫が必要ですけど、
試験の仕組みや問題のつくられ方を知ればそれもあっけないくらい簡単になります

今日は、どうすればそれができるのかを特別に教えようかと思います

私は学生のころに、「日商簿記2級を受けようか、受けまいか」でかなり迷った時期が
ありました。その数年前から、偶然だとは思うんですけどなぜか周りに日商簿記2級を
受ける人が多かったので、様子をそばで見せてもらってきました。
しばらくの間は、ただみんながどんな結果になるのかを見ていただけだったんですけど、
自分が就職活動の準備をはじめたり進路のことを真剣に考える時期が来たりして、
やっと自分でも日商簿記2級を受けようと決めて、難易度を自発的に調べて、
それからその難易度をどうやったらうまく克服できるのかを考えて勉強をはじめたんですね。

他の人たちの日商簿記2級の勉強のやり方や、難易度が実際にどれくらいのものなのかを
観察するチャンスがあったことは、終わってみればすごくラッキーでした。
おかげさまで、無事に1度で、それも学業プラス就職活動もあって時間がない
時期だったんですけど必要最小限の勉強時間で受かりました

就職活動にも間に合いまして、ちゃんと某社(上場です)の経理部に
採用されることができた
んです。

今は、後輩たちに進路のことや日商簿記2級の難易度のことで相談をときどき
受けてるんですけど、なんだか「中途半端な情報をつかんじゃってる人たちが
たくさんいるんだな」ってことをいつも感じます。
私が日商簿記2級に初めて興味を持ったときと比べて、世間の日商簿記2級に対しての知識が
ほとんど変わっていないので、「日商簿記2級の難易度のことや勉強法のことを
みんながなかなかわからないのも無理はないな」と思いました。

あえて断言するんだったら、「日商簿記2級は、何も知らない人でも
3ヶ月くらいで受かる可能性がある難易度」ですし、
「その3ヶ月の間、勉強だけに身を捧げなくても受かります」

私だって、学校にもちゃんといってましたし就職活動の初期に入ってて企業研究とか
いっぱいやりながらだったんですけど受かったんです。


日商簿記2級の難易度や勉強法のことを完全に誤解したまま受験する人たちが
絶えないのにちょっと悲しいものを感じちゃったので、
思い切ってここにこうやって、私が知ってきたことを全部発表することにしました。
ページ数も少ないですから、ぜひすべてのページを読んでいって下さいね。

>>簿記の最短合格を可能にする勉強法なら!